花火まつり@Hako Town

Hako Town の花火祭りに招待されたので参加した。日本の文化を題材にしたタイ人のお祭りには多少なりとも驚かされた。 

画像
 メインアトラクションは花火だが、その他にも沢山のアトラクションがあった。

画像
 このお祭りのテーマは着物(浴衣)姿で参加する事。 大勢のタイ人が浴衣姿になっているのは何ともいえない光景だが、日本人の浴衣姿より似合っている感じ。 中には中国のきものを着ている者や、これは何だろうと思う様なものを着ている人もいた。

画像

色々なパフォーマンスがあり、それなりに考えられたイベントだったので、関心させられた。 全てが日本というテーマのもので、タイ人の日本好きを窺えた。  
最初は日本太鼓から始まり、三味線、琴のパフォーマンスがあったが、見かけは日本でも日本のイメージを演出したもの。 その次に出てきたのが、「歌舞伎」と紹介された演技。 長い髪に関しては歌舞伎を思われる感じだったが、実際の内容は 仮面が次から次へと変わっていく中国のもので、手品をしたり、火を噴いたり、歌舞伎とは全く関係の無いパフォーマンス。 あれを歌舞伎だなんて紹介すると、タイではあれが歌舞伎になってしまうかもしれない。 歌舞伎に関してはさすがにタイだと思ってしまった。 その他、マグロの解体ショーも行われた。
日本のロックバンドのパフォーマンスもあり、厭きさせない内容であった。  

画像
 解体されたマグロはそのまま刺身、寿司として出された。マグロはプーケットで獲れたもの。生マグロは美味しい。 お寿司を作っている前にはタイ人が行列。

画像
 目の前で花火が噴火したのでびっくり。 こんな近くで花火を見たのは初めて。 火の粉が飛んできたので思わず退散。
画像

画像

画像

画像
  刀を差した人とか、日本の着物とは違う衣装の人とか色々な人がいて、面白かった。

タイ人の日本に対する興味が理解できたイベントでした。 イベントとしては大成功で、演出も素晴らしく、良く考えられたものだった。 
Hako Town は日本食が安い値段で楽しめる新しい場所としてこれからも更に発展していくだろう。 タイ人が求めている物が何かという事を十分に理解している人が作ったコンセプトで、今後の発展が楽しみだ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック