ハーストキャッスル

San Simeonに新聞王のWilliam Randolph Hearstが建てたお城の様な豪邸がある。 一般にはHearst Castle として知られている。 多くの観光客が訪問している。

たまには観光をするのも良いだろうと思いHearst Castle を訪問する事にした。

画像
 
画像
 
考えられる贅沢の全てを取り入れた豪邸。 著名人をゲストに招き晩餐会が頻繁に行われていたそうだ。 大富豪の行う事は普通ではない。  

画像
Visitor Center でチケットを買って頂上にあるHearst Castleのツアーに参加する。  自分で勝手にHearst Castleに行ってもいいかと尋ねたら、ツアーに参加しなければ頂上に行けないという事だったので、25ドルでツアチケットを購入。 約10分毎にCastle行きのバスが出ている。 頂上までの所要時間は約10分。 バンコクでは通常見る事の出来ない青い空。 空気が美味しかった。

画像
  ダイニングルーム。 その他、映画館、ビリヤードの部屋、巨大なリビングルーム等があり、インテリアは中世のヨーロッパから運ばれた美術品が飾られており、美術館の様な内装。  

画像
  
画像

プールは屋外と屋内の2つがある。 贅沢な造りとなっている。 屋内プールの上にはテニスコートがあり、その当時の有名なテニスプレイヤーがゲストとして招待されたそうだ。 

画像
 このCastle は丘の上に建てられており、各寝室からも海が展望出来るようになっている。 敷地内には飛行場もあり、ハリウッドの映画スター達を飛行機で招待したらしい。 封切り前の映画も豪邸内にある立派な映画館で上映されていたそうだ。  巨大な敷地は以前は動物園となっていたそうだが、世界中の主な動物が飼われていたらしい。 今でもシマウマは敷地内で見かける事ができる。

メインの建物以外にもゲストハウスが3つある。 それぞれのゲストハウスもかなり大きな建物。 メインの建物には36の寝室があるそうだ。 10年以上の歳月をかけて建てられた贅沢な豪邸だが、この様な建物はこのHearst Castle が最初で最後だと云われている。 贅沢の極めつけといえる内容。

Hearst 氏が亡くなった後はこの建物は州に寄付された。 歴史的建造物として一般公開されている。 場所が辺鄙な所にあるので、辿り着くのに時間を要するが、一見する価値はある。 http://www.hearstcastle.org/

画像
 ワイナリーも敷地の近くにあるが、ワインを試す事は出来なかった。 



Hearst Castle: The Biography of a Country House [ Victoria Kastner ]
楽天ブックス
HEARST CASTLE Victoria Kastner George Plimpton Vic

楽天市場 by Hearst Castle: The Biography of a Country House [ Victoria Kastner ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック